記事一覧

初代パテックフィリップコピー ノーチラス ラージサイズ 5711/1A-010

今でこそノーチラス Ref.5711は完全に現代的な現象のように感じられるが、その起源は1976年にパテックが発表したノーチラス Ref.3700“ジャンボ”に遡る。その愛称は、当時としては大型な42mmのケースサイズに由来している。当時、スイスの時計業界は機械式時計、つまり機械式でスティール製の時計がラグジュアリーな存在であるという概念を消費者に植え付け、ポストクォーツ時代の新しいコンセプトとしたのである。

パテックフィリップ コピー ノーチラス ラージサイズ 5711/1A-010メンズ 自動巻き ステンレス ブルー

タイプ 新品メンズ
型番 5711/1A-010
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
文字盤色 ブルー
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 38.0×43.0mm
機能 デイト表示
付属品 内外箱
ギャランティー

いや、確かにパテックが作る製品のなかで最も複雑な時計ではなかったが、シルエットだけでひと目でわかる、最も有名な製品になった。

すべてが常軌を逸していた。発売当時、“ジャンボ”は3100ドルで、パテックのゴールドのドレスウォッチの大半よりも高価だった。さらに、同時期に商品化された新しいクォーツ技術に、時計業界全体が取り組んでいた。スティール製のRef.3700は、合計で5000本以下しか生産されなかったと推定されている。15年間にわたり(少なくともパテックの基準では)大量生産されたRef.5711とは異なり、初代にあたるRef.3700は正真正銘のレアウォッチである。

現在の時計界では、ジェンタ、パテック、そしてノーチラス(ロイヤル オークと並ぶ)の物語は伝説となっている。パテック フィリップをアップル社(137歳年下だが)に例えるなら、1976年のノーチラスはスティーブ・ジョブズがiPhoneを発明し、大衆にアピールする画期的な製品を世に送り出したということになる。この時計は、パテックが作ることになる最も複雑な製品ではなかったが、シルエットを見ればすぐにそれとわかる、パテックにとって最も有名な時計となったのだ。

コメント一覧

ウィッグ かぶり 方 ロング URL 2022年11月18日(金)10時58分 編集・削除

ロング ウィッグ 自然おすすめ!それを着る方法とそれを維持する方法 長い髪は、女性が少なくとも一度は試してみたい最も人気のあるヘアスタイルです.髪を伸ばそうとしても、途中で挫折し、分けてからまたまっすぐにするとなかなか抜けないのも理由の一つです。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー