記事一覧

足元でキレイ目なムードを演出したメンズの着こなし&アイテム

アップロードファイル 14-1.jpg

スーツやジャケパンスタイルにスニーカーを合わせてハズした着こなしが定着した感のある今日この頃。新鮮なハズしテクニックを取り入れたいという方は、カジュアルスタイルに革靴を合わせて見るのはいかがだろうか?ラフにまとめた着こなしもキレイ目で引き締まった顔立ちに仕上がる。今回は「革靴を使ったカジュアルコーデ」にフォーカスして、注目の着こなし&アイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

革靴 カジュアル コーデ「カジュアルスタイルに革靴を合わせてメリハリをつけるのが新鮮!」
スーツやジャケパンスタイルにスニーカーを合わせてハズしを効かせる着こなしは定着した感があるが、イマ逆に実践したいのはカジュアルスタイルに革靴を合わせたハズしテクニック。スニーカーブームがある程度の落ち着きを見せてきた今、新鮮な印象を作るなら革靴のハズしを取り入れてみるのも面白い。たとえば、こちらの御仁のようにカジュアルなウェアアイテムで構成した着こなしに革靴をセットした着こなし。ミリタリージャケットにチノパン、ネオンイエローのウェビングベルトを組み合わせたカジュアルスタイルにキルトタッセルローファーをセットしたメリハリのある装いが新鮮だ。ローファーや外羽根プレーントゥなどオンオフどちらも使える革靴なら取り入れのハードルも高くない。

革靴 カジュアル コーデ「クロップド丈パンツとコインローファーで足元に抜けを出す」
シューレースがなく履き口が浅いローファー類、特にミニマルな顔立ちのコインローファーは足元から抜け感のある着こなしを演出できる春夏にぴったりの革靴だ。こちらのスナップのように、オープンカラーシャツにクロップド丈のストライプパンツを合わせたスタイリングに取り入れれば、より抜け感あふれる装いに仕上がる。こんな具合で足首を露出するのであれば、インビジブルソックスか素足で野暮ったい印象を回避したい。

シルバー無地のメガネ、オープンカラーの白無地のシャツ、ネイビーストライプのイージーパンツ、黒コインローファーの革靴を合わせた夏のメンズコーデの着こなし。

革靴 カジュアル コーデ「武骨なデニムオンデニムスタイルにキルトタッセルローファーを合わせてキレイ目テイストをプラスする」
男の武骨なスタイリングの代表格とも言えるデニムオンデニムスタイル。とことん武骨に仕上げるならワークブーツなどを合わせるのが王道だが、こなれ感を持たせるならキレイ目な革靴をチョイスするのもアリだ。こちらの御仁は裾が切りっぱなしになった2ndタイプのデニムジャケットにストレートジーンズを合わせてデニムオンデニムを作り、足元にはキルトタッセルローファーをセット。テイストがガラッと変わる革靴を合わせることで洒脱なスタイリングに。

黒無地のメガネ、ネイビー無地のデニムジャケット、ネイビーボーダーのTシャツ、ネイビー無地のデニム/ジーンズ、ブラウンタッセルローファーの革靴を合わせた春秋のメンズコーデの着こなし。

革靴 カジュアル コーデ「チロリアンシューズの名作パラブーツのミカエルはカジュアルスタイルと相性バツグン!」
カジュアルスタイルに合わせやすい革靴というとプレーントゥやダブルモンクシューズなどが挙げられるが、チロリアンシューズも選択肢として外せない。こちらの御仁はチロリアンシューズの名作パラブーツのミカエルを足元にセット。パラブーツのアイコニックデザインであるタグがフランス国旗のトリコロールタグにチェンジされた限定モデルでさりげなく個性を演出したアイテム使いも

革靴 カジュアル コーデ「全身でグラデーションを作ることで異テイストのアイテムを組み合わせた装いもチグハグ感なし」
トップスのTシャツから足元のタッセルローファーまで、白→ベージュ→ブラウンと流れるようなグラデーションを表現。全身でカラーリングにテーマを持たせることによって、異テイストのアイテムを組み合わせた着こなしもチグハグさを感じさせない。タックインをワンポイントで取り入れたこなれ感あふれるTシャツのこなしも◎

革靴 カジュアル コーデ「ネッカチーフやプレーントゥシューズえキレイ目要素をプラスする」
カジュアルコーデにキレイ目なテイストをプラスするなら革靴の取り入れは有力な選択肢となり得るだろう。たとえば、ブラックとオリーブグリーンのコンビネーションが武骨でラフな印象を与えるこちらのカジュアルコーデ。ミリタリーテイストを感じさせるボトムスやTシャツを組み合わせたカジュアルコーデながら、イマ注目のネッカチーフ使いやTシャツのタックイン 、プレーントゥシューズのチョイスがキレイ目で締まりのある印象を与える。

革靴 カジュアル コーデ「モノトーンコーデにブラックのオペラシューズを合わせてシックにキメる」
現在のメンズファッションで注目度を高めているモノトーンの柄使い。ハウンドトゥースやグレンチェック、ヘリンボーンなどの柄が人気で、昨今のブラックを使った着こなしとも相性バツグンだ。そんな流れを汲んだようなモノトーンの柄スラックスに白Tシャツを合わせた下のスタイリングでは、ブラックのオペラシューズを足元にセット。夜のパーティーなどで礼服に合わせて履かれていた起源を持つ靴がシックでキレイ目な装いに絶妙にフィットしている。

投資会社傘下の英ECマッチズファッション CEOが語るリアル店舗とアジア戦略

アップロードファイル 13-1.jpgアップロードファイル 13-2.jpgアップロードファイル 13-3.jpgアップロードファイル 13-4.jpg

オンラインを主軸とする英セレクトショップ、マッチズファッション ドットコム(MATCHESFASHION.COM 以下、マッチズファッション)が成長を続けている。同社は2017年10月、投資会社のアパックス・パートナーズ(APAX PARTNERS)の傘下に入り、テクノロジーへの投資を加速するとともに物理的な体験を強化。その要となる新店舗「5 カルロス プレイス(5 CARLOS PLACE)」を昨年9月、ロンドンのメイフェアにオープンした。売り上げの95%をオンラインが占めるビジネスにおける、リアル店舗の重要性と役割とは?小売りやラグジュアリー・ファッションECの未来からアジア市場戦略までを、ウルリック・ジェローム(Ulric Jerome)最高経営責任者(CEO)に聞いた。

ウルリック・ジェローム=マッチズファッション ドットコムCEO(以下、ジェローム):大きく変わったことはなく、われわれはこれまで通りの計画を達成することにフォーカスしている。アパックス・パートナーズは、パーソナルでファッションの視点を大切にするわれわれのアプローチのよき理解者であり、拡大を続けるオンラインのラグジュアリー市場に期待を寄せている。われわれは、その市場のチャンスを最大限生かすことに邁進しているだけだ。

— 17年度の業績は売上高が前年比44%増の2億9300万ポンド(約418億円)、EBITDA(利払い前・税引き前・減価償却前利益)が同37%増の2600万ポンド(約37億円)で増収増益、平均客単価は542ポンド(約7万7500円)と高かったが、18年度の業績は?

非公開企業なので、1月末締めの18年度の具体的な数字については公開するか、また公開するとしてもいつになるかは分からない。現時点で言えるのは、高い数値の2ケタ増で増収増益の見込みであるということだ。また、17年は7500万だったウェブサイト訪問数が18年は1億に増加し、その約半分はモバイルデバイスからのアクセスになっている。

取り扱う商品とそのパーソナルで優れたセレクションから生み出されていると考えている。顧客は、われわれのファッション的な視点や、新進デザイナーとより確立されたブランドのミックスに好意的だ。また、あらゆる商品の背景にあるストーリーを伝えることに最大限の力を注いでおり、それが支持されている。そして、オンラインストアにおいてもリアル店舗においても、パーソナルな方法を重視している。

—オンラインが売り上げ全体の95%を占める中で、物理的な体験やリアル店舗の重要性とは?

現代において、“デジタル”と“フィジカル”を分けて考えることは極めて困難だ。その中で、私たちは物理的な出来事における最大限のリーチを可能にするプラットフォームとして、デジタルを活用している。具体的に言うと、店舗で行われるイベントは、インスタグラムのストーリーやビデオ、アプリでのライブストリーミング、ポッドキャストなどで発信される。なので、イベント自体はフィジカルで起こっていても、誰でもモバイルやパソコンを通じてアクセスすることが可能で、たとえ香港にいてもニューヨークにいても体験することができる。突き詰めると、これこそわれわれのビジネスの背景にある革命であり、小売りの未来だと考えている。ただ、そこで重要になってくるのはパーソナルであること。例えば、今は家でソファに座りながらオンラインストアで何でもオーダーできる時代。なので、顧客は店舗を訪れるときまでテクノロジーと直面したいとは思わず、非常にパーソナルなサービスを求めるだろう。テクノロジーは、顧客のことを理解し最高のサービスを提供するために、見えないところで活用されるべきだ。

全ての地域で成長していて、われわれにとって1番成熟した市場である英国でも急成長を遂げている。国別ではアメリカが最大の市場。長年、よりコンサバティブなデパートやモールが強い市場だったが、フレッシュな感覚や新しいものを発見する楽しさをもたらすことで成功を収め、継続的な成長を見せている。また、アジアパシフィックもわれわれにとって非常に重要な地域だ。昨年には、香港のオフィスをアジアのハブとして3倍の規模に拡大した。現在は、より現地の顧客に寄り添ったサービスを提供するため、中国人、日本人、韓国人を含め40人ほどのスタッフがカスタマーケアやスタイリストとして働いている。

—アジアでは17年に韓国語版ウェブサイトをローンチした。また同年、フランス語版ウェブサイトも開設しているが、なぜローカライゼーションにこだわるのか?

商品自体の特性的にかなりインターナショナルなアイテムを販売しているが、特定の国でマーケットシェアを獲得していくには、現地の言語にカスタマイズする必要がある。というのも、言語は非常に高い壁になり得るからだ。韓国でのローカライゼーションのきっかけとなったのは、16年10月に開催した「ヴェトモン(VETEMENTS)」とのイベント。その成功によって、韓国内でのマッチズファッションの認知度が急激に上がり、われわれのファッションに対するアプローチが受け入れられていることを実感した。その後、ウェブサイトに投資することを決め、現在は韓国語でのスタイリングサービスやカスタマーケア、より短時間での配送も提供している。フランスに関して言うと、大きなラグジュアリー市場で顧客も多いが、フランス人はフランス語でショッピングすることを好む。いずれもすぐに目に見える成果があり、ローカライゼーションの重要性を感じている。現在、日本向けには、商品の検索方法や購入のプロセス、よくある質問などウェブサイトの使い方を日本語化したショッピングガイドを表示している。

非常に興味深い市場だ。欧米と比べブランドミックスが少し異なり、より若くストリートを軸にしたスタイルを好む顧客が多い。ファッションピースへの関心も高く、特に日本や韓国ではファッションがSNSでの交流のきっかけにもなっているように思う。また、売り上げ全体の22~23%を成すメンズビジネスにおいて、アジアの重要性は顕著だ。アジアの男性はファッション感度が非常に高く、オンラインで最もファションフォワードな提案をしていると自負するわれわれのセレクションに共感してくれている。また、イギリスやアメリカに比べ、新進デザイナーのアイテムを購入する顧客も多い。先ほども言ったがアジアはわれわれにとって戦略的市場であり、今後も投資を続け、機会を逃さぬよう注視していく。詳細は明かせないが、ローカライゼーションについてもさらに取り組んでいく予定だ。

—ローカライゼーションにおいては、現地企業とパートナーシップを組んでいるのか?

さまざまな形で現地パートナーと協業している。例えば、韓国ではネイバーと共にキャンペーンを制作したり、大手のサムスンカードとカード支払いに関する取り組みを行ったりしている。またPR活動については、現地市場に対するノウハウのある各地のエージェンシーに委託している。ただ、戦略の要であるコンテンツについては社内制作が基本だ。ウェブサイトの半分はストーリーであり、場合によっては現地のカルチャーに精通したライターに依頼することもあるが、マッチズファッションのスタンダードや世界観を大切にしている。

—コンペティターは?その中で、「マッチズファッション」は何を強みとして、どのように差別化を図っているか?

もし市場がすでに飽和状態であれば、コンペティターを意識する必要があるかもしれないが、われわれは市場の機会こそ意識すべきものだと考えている。というのも、ベイン・アンド・カンパニー(BAIN & COMPANY)によると個人向け高級品市場は2600億ユーロ(約32兆円)規模と言われているが、オンラインが占める割合はまだその10%に過ぎない。それが25年には25%まで増加すると予測されており、今はチャンスをどうすれば最大限生かすことができるかを考えるべきときだからだ。それに、ブランドとの関係性が重要なセレクトショップをゼロから始めるのは困難であり、考えてみるとプレーヤーの数自体はそう多くない。その中でもマッチズファッションは、最も鋭い視点でキュレートされたラグジュアリー・ファッションにオンラインでアクセスできる店だと考えている。カタログ的に商品が並ぶ店やマーケットプレイスが多い中、われわれの強みはそんな視点にある。それはロイヤルティーの高い顧客ベースがあることからも明らかだ。われわれの3分の2の売り上げは既存顧客によるもので、視点を生かしたキュレーションと質の高いサービスによるところが大きい。顧客はわれわれをディストリビューターではなく、「マッチズファッション」というブランドとして捉えてくれている。全ての取り組みはブランドを築くためにあり、われわれの提案は独創的なので他社と比べる必要はない。

—ショッピングフロアだけでなく予約制のプライベートショッピング・スイートルームや定期的に入れ替わるカフェスペースを併設し、さまざまなイベントも行っている「5 カルロス プレイス」に期待することは?

この空間を象徴するキーワードは「イン・カンバセーション」。インクルーシブな方法で人々を集めることにより、人々をワクワクさせるとともにインスパイアする極めてエクスクルーシブなコンテンツを生み出すことを目指している。それはファッションだけではなく、フード、アート、ウェルネスなどラグジュアリーなライフスタイル全般にわたるものだ。オープンしてから約4カ月間ですでに60を超えるイベントを開催し、大きな成功を収めている。さまざまな取り組みを通して、タッチポイントを設け、ブランドとしての認知度を上げていくことは、最終的に売り上げにもつながると考えている。また、「イン・カンバセーション」と表現したのは、ラグジュアリー・ファッションやライフスタイルは、限られた少数だけのものであるべきではないから。例えば、学生のようにファッションやアートが好きでも手に入れることはできない人もいるが、だからといってマッチズファッションが提案する体験の“旅”に参加できないということはない。なので、われわれにとってオープンであることは非常に重要であり、こういった方法でラグジュアリー・ファッションの世界にインパクトを与えることができれば、非常に誇らしい。実際、デザイナーが「 5 カルロス プレイス」でトークセッションなどを行う際には多くの学生が来場し、素晴らしい質問をしてくれる。そんな情熱を持った人々が参加できるプラットフォームにしていきたい。

—出店場所にメイフェアを選んだ理由は?

メイフェアの中でも、カルロス・プレイスは「セリーヌ(CELINE)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」といったラグジュアリー・ブランドと、「クリストファー ケイン(CHRISTOPHER KANE)」「シモーン ロシャ(SIMONE ROCHA)」など英国のデザイナーズブランドのブティックが建ち並ぶマウント・ストリートに面したファッション感度の高いロケーション。ただ、同じくラグジュアリー・ブランドの店舗が軒を連ねるニュー・ボンド・ストリートやオールド・ボンド・スリートと比べると、ゆったりとショッピングを楽しんだり、時間を過ごしたりすることができるエリアだ。本当にファッションを愛する人々が集まる空間にしたいと考え、この場所を選んだ。

—ラグジュアリー・ファッションECはこれからどうなっていくと考えるか?

非常に難しい挑戦だが、常に消費者動向の変化を追い続ける最前線にあることが必要だ。そして、もはやオンラインの普及率というのは、まったく意味がないと考えている。将来、店舗での販売であっても全てのショッピング体験には何らかの形でデジタルとの関わりがあるようになる。そして、すでにいくつかの国ではアクセスの70%がモバイルデバイスからになっていて、今後はそれが一般的になるだろう。またデジタルは競争の激しい分野でもあり、ますます投資が増えていくだろう。

—マッチズファッションはここ数年、積極的に新たなテクノロジーに投資しているが?

われわれはテック・ビジネスだ。テクノロジーがうまく用いられれば、特定の顧客に適切な情報や商品を適切なタイミングで提供することができる。それはデータによって成しえるものであり、われわれは顧客の動向や購入履歴、関連性の高いブランドなどを組み合わせた独自のアルゴリズムを開発し、活用している。なので、われわれにとってテクノロジーは、顧客にその複雑性を理解されることなく、より良いカスタマーサービスを提供するためにある。そして、常に考慮しているのは、顧客の360度ビューの重要性だ。例えば、「5 カルロス プレイス」を訪れたとき、レセプションや顧客自身のアプリを通じて販売スタッフに到着が通知される。スタッフは接客前に顧客管理アプリで好みや購入履歴を頭に入れることができるので、それぞれの顧客にぴったりの商品を提案できるようになる。また、対面、電話、オンラインとあらゆる顧客とのコミュニケーションをデータ化してカスタマーリレーション・マネジメントシステムで管理しており、その全てがより良いカスタマーサービス実現につながっている。将来的には、どんな小売店もブランドも成功するために、顧客の360度ビューを理解することが必要になってくるだろう。

パーソナライズされたサービスで、グジュアリー・ファッション&ライフスタイルを求める世界中の人々にとっての究極の目的地になることだ。

3年以内に10億円ブランドへ エースが伊トラベルバッグ「ブリックス」と国内総販売店契約

アップロードファイル 12-1.jpgアップロードファイル 12-2.jpg

「プロテカ(PROTECA)」などを手掛けるエースは、イタリアのトラベルバッグブランド「ブリックス(BRIC’S)」と国内総販売店契約を締結した。7月1日からエースが独占販売する。

 「ブリックス」は1952年創業で世界40カ国以上に展開する老舗ブランド。日本には94年に初上陸し、現在の小売りベースでの売上高は約2億円。エースはこれを初年度中に倍増することを目指し、3年後には10億円ブランドに成長させたいという。また、現在は伊勢丹新宿本店や小田急百貨店新宿店など百貨店を中心に10店舗で展開しているが、販路を拡大し百貨店は30店舗以上まで増やすことを目指す。現時点では路面店やショップインショップの展開予定はがないが、将来的には可能性があるという。

 契約締結についてエースは、「『ブリックス』の伝統や独自性の高い洗練されたプロダクトに魅力を感じた。多様化する消費者の要望に応えるため、ファッション要素の高いブランドを展開することで新たな顧客層への提案、国内市場の拡大に期待する」と説明する。

DIESEL TIMEFRAMESのエクスクルーシヴなパーティ

アップロードファイル 11-1.jpgアップロードファイル 11-2.jpgアップロードファイル 11-3.jpgアップロードファイル 11-4.jpg

プレミアムデニムを世界中に流行させたトレンドセッターのDIESELのウォッチライン、DIESEL TIMEFRAMES(ディーゼル タイムフレームス)。ファッションアイテムとしての時計をフォーカスするウォッチブランドが2014-2015 Holidayシーズンに向けたキャンペーン“WATCH MY #DIESEL WATCH”を韓国、中国、香港の3都市にて発表。12月18日には、ソウルの旬なクラブのひとつであるClub Vanguardにてエクスクルーシヴなパーティが開催された。

会場には韓国・中国・香港・日本からセレブリティやファッションエディター、ブロガーなどが集まり、DIESELのブランドカラーとキーアイテムである“デニム&レッド”コーディネートを身に着けてブランドらしさを表現。韓国のお笑いタレントであるJo Se-Ho(チョ・セホ)、DJのJulian、さらにアンバサダーを務めるK-POPグループのInfinite(インフィニット)がライヴパフォーマンスを披露し、会場は大盛り上がり! 他にもInfiniteをフィーチャーしたフォトブースをはじめ、コレクションを試着できるウォッチバーや、時計の機能的特徴をデザインエレメントで表現したショーケースゾーンなどのアトラクションが用意された。

世界中のファッショニスタから熱いコールを受けるDIESEL TIMEFRAMESのウォッチ、来年のWISHリストに追加してみてはいかが?

苦戦が続いたアダストリア「グローバルワーク」が復調

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpgアップロードファイル 10-3.jpgアップロードファイル 10-4.jpgアップロードファイル 10-5.jpg

苦戦が続いていたアダストリアの基幹ブランド「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」が復調傾向だ。「2018年春夏は厳しかったが、9~11月の既存店売り上げは前年同期比7%増で推移している」と、太田訓グローバルワーク営業部長。強化品番を決め込み、媒体露出や店頭プロモーションなどの販促面を強化したことが成果につながった。19年春夏に向けての注力ポイントは2つ。生活雑貨を拡充するとともに、アパレルでは強みのベーシックだけでなく、トレンド性も加味した商品を増やす。

 もともとベーシックなアイテムを工場の閑散期に生産することで価格を抑え、提供することを強みとしてきた。しかし、「いい商品を作っていても、それがお客さまにまで届いていなかった」と分析。今秋は強化品番については雑誌への出稿と店頭販促、自社ECでの打ち出し、SNSなどを連動させ、「徹底的に売る」体制にした。

 たとえば、これまでも販売していたメンズの5ポケットのシンプルなパンツは、“モーションテックスキニーパンツ”と命名し、雑誌『ビギン(BEGIN)』に出稿。店頭パネル、ECなどでもアピールしたところ、売り上げは以前の2倍になったという。ウィメンズでも、雑誌『クラッシィ(CLASSY.)』への出稿と連動したプロモーションが奏功した。

 19年春夏は、雑貨カテゴリーでこれまでも販売していた服飾雑貨に加え、旅行用のトロリーケースやポーチ、キャンプ用品などの生活雑貨を増やす。「アパレルだけでは他社との差別化が難しい。本格的に海外に出店する際にも、雑貨の拡充は欠かせない」という。

 併せて、アパレルは従来のカジュアル軸の打ち出しだけではなく、オフィス対応やハレの場など、“オン”シーンに向けた商品をウィメンズ、メンズともに増やす。閑散期に作り込むベーシックカジュアル商品が従来はアパレル全体の7割だったが、それをウィメンズでは5割まで削減。代わって、より短いサイクル(2~3カ月)で生産する期中企画商品、さらに短い期間のQR(クイックレスポンス)商品を増やして、「トレンドファッションの部分にまで手を広げる」。

 特に強化品番とするのは、ウィメンズは4000円以下で提案するきれいめデザインのパンツ、ブラウス、デザイン性を盛り込んだカットソー類。メンズやキッズではグラフィックTシャツなど。

 店舗数は8月末時点で215店。今後1~2年は、「大きく店舗数を増やす考えはない」。既存店の売り上げ拡大による事業の立て直しを進め、「その先で、現在の店舗の平均売り場面積330平方メートルから、500平方メートル以上への拡大を目指す」。

名古屋三越栄店が婦人ファッションを改装 アパレルを大幅に減らす

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpg

名古屋三越栄店は、3階の婦人ファッションを大規模改装し、9月2日にオープンする。「地域最高のファッションストア」を合言葉に、多くの新規ブランドをそろえるとともに、ブランド間を仕切る壁を取り払い、フロアを一つのセレクトショップのように構成した。改装前に約8割だった3階での婦人服の面積シェアは、改装後には約5割に圧縮。婦人靴、アクセサリー、化粧品、フードなどをミックスしたMDで買い回りを促す。

 三越伊勢丹グループの自主編集売り場「リ・スタイル トーキョー」「ニューヨークランウエイ」などを始め、洋服だけでなくさまざまな雑貨を散りばめたMDを組む。名古屋市場の特徴と言われる母と娘での来店や活発な贈り物文化に対応したゾーンを設け、ギフト雑貨やインテリア雑貨、ハロウィーンやクリスマスなどのシーズン雑貨を充実させる。フロア中央には、トランジットジェネラルオフィスによる新業態「ビストロカフェ ザ フラワーテーブル(BISTRO CAFE THE FLOWER TABLE)」を配置する。

 先行して5月、婦人靴売り場をそれまでの2階から3階へ移転オープンした。3階フロアは、名古屋三越が隣で営業するファッションビルのラシックと連絡通路でつながる。今回の改装によって、ラシックに入るセレクトショップを訪れる若い世代との回遊性を高める狙いもある。

 名古屋三越栄店は、昨年11月には6階の婦人服エリアをウオッチ&ジュエリーに改装。婦人服の取り扱いは従来の3フロアから2フロアになり、さらに今回の改装で面積は3割縮小されたことになる。

世界初の機械式ムーブメント「SISTEM51」が日本で初お披露目

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpg

スイスの時計ブランド「スウォッチ」が、手作業ではなく、完全オートメーション化された組み立てラインで製造された、機械式のムーブメント時計「SISTEM51」を2013年4月に発表し、時計業界を驚かせた。その4モデルが日本にも初登場! それと同時に、スウォッチ ブティック銀座が、期間限定でSISTEM51の限定ショップにチェンジ。

SISTEM51の世界を表現したグローバルデザインで、この4モデルを楽しめると同時に、スウォッチを代表する50作品を見ることができるミュージアムも展開。

そのお披露目会に登場したのは、はじめて身につけた時計がスウォッチだったというなでしこジャパンの岩清水さんと、25年以上スウォッチファンだというタレントのパンツェッタ・ジローラモさん。

「スウォッチのラッキーナンバー51といえば、私も51歳なんです。いまなお、世界中を飛び回るとき、各国の店舗でスウォッチの時計を見かけたり買ったりすることはすごくうれしいですね」(ジローラモさん)と、SISTEM51の魅力のトリコに。

この限定ショップは、6/29(日)まで。この機会に世界観を堪能しよう♪

Ray-Banのいまを映した現代版CLUBMASTER

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpg

レイバンから到着した、最新秋冬コレクションがツボすぎるっ! 今回フォーカスしたのは、名作クラブマスターのブランニューモデル。

クラシカルなそのヴィジュアルから、ウェーファーラー、アビエーターに続くヒットモデルとなった当シリーズ。インテリな印象とレトロな雰囲気がブレンドされて、1本あればコーデを一気に格上げしてくれる優れモノ。そのクラブマスターに、ユニークなマットフィニッシュのアルミニウムを合わせることでいっそうシャープなテイストにグレードアップ。アイコニックなリベットとアルミニウムフレームのケミストリーで、これまでのモデルとはひと味もふた味も違うルックスに。ストリート×モードなコーデにもばっちりハマりそう♡

SINN限定 103ブルー

アップロードファイル 6-1.jpg

皆様、こんにちは。
今日はジン103ブルー(世界500本限定)を紹介いたします。
昨年から雑誌などでもよく取り上げられ、人気の高い103ブルー。
この時計は、象牙色の夜光処理を施した針やインデックスにより、歴史的なパイロットウォッチを想起させるクラシックなスタイルを持ったクロノグラフで、その効果はクラシックブルーでさらに強まります。
サンレイ仕上げを施したダイヤルと、陽極酸化アルミ製のパイロットベゼルの両方にこのブルーを使用するのは、ジンの時計の中でも初めてのことです。
このモデルは世界500本の限定で、サファイアクリスタル製の裏蓋から見えるローターには、”Eine von 500(500本のうちの1本)”というドイツ語が刻印されます。
SSブレスとカウレザーストラップをご用意してお待ちしています。
ジン
103ブルー
品番:103.SA.B E
価格:SSブレス¥529,200(税込)
   カウレザーストラップ¥496,800(税込)
ケースサイズ:41mm
ムーブメント:自動巻き
裏蓋:シースルーバック
防水:20気圧

おしゃれに温めるアイテムをチョイス

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

冬の防寒だけではなく、夏の冷房対策としても重宝するブランケットやひざ掛け。寒がりな方や冷え性な方にとっては、一年中必須のアイテムとも言えます。

ブランケットはたたむとひざ掛けとしても使用可能なので、今回は両方をまとめて、おすすめのひざ掛けとして紹介します。

ウールは保温性に優れているのが特徴です。縮れた羊毛部分に空気を含むことで暖かさを保ちます。型崩れしにくくシワにもなりにくいので、取り扱いが簡単。撥水性が高く、水滴や雨などを弾くので、汚れがつきにくいというメリットがあります。

洗濯に弱く、縮みやすいため、自宅で洗濯する際には注意しましょう。また、毛玉になりやすく、保管中に虫がつきやすいというデメリットがあり、他の素材に比べて高価なものが多い素材です。

フリースは、軽くて暖かいのが特徴の素材で、リーズナブルに手に入るのも魅力です。自宅で簡単に洗えるのに加え、速乾性もあるので、いつも清潔に保てます。ふんわりとした柔らかい肌触りも人気のひとつ。軽量なので持ち運びも便利です。

一方、デメリットは静電気が起きやすい点。静電気を感じることが多い場合は、部屋の湿度や衣類、洗濯方法などによって静電気対策をしておきましょう。また、洗濯や摩擦で毛玉ができやすい性質があります。

柔らかく、肌をチクチク刺激することがない優しい触り心地が特徴のコットン。吸水性に優れているので、ストールのように使用したときに首元が汗ばんでも蒸れたり汗冷えしたりすることがなく、静電気が起きにくいのもメリットです。

一方デメリットは、洗濯時に縮みやすく、シワになり乾きにくい点。そのため、脱水を短くしたり、アイロンをかけたり工夫する必要があります。

ウールに近い肌触りと保温性がありながら、ウールよりも取り扱いやすいという特徴をもつ合成繊維のアクリル。シワや型崩れがしにくく、ウールより安価なうえ、虫がつかないというメリットがあります。

ウールに比べて静電気が起きやすく、毛玉もつきやすいのがデメリット。吸水性が低いので乾きやすい反面、汚れやすく、汗を吸わずに蒸れる恐れがあります。

ひざ掛けを椅子に座って使う場合は、70×100cm程度のコンパクトなサイズのものがおすすめ。100×140cmのサイズは、足まですっぽり覆うほか、2つ折りで使用できます。

車の中でひざ掛けを使う場合は、邪魔にならない小ぶりのものがおすすめ。首周りから上半身まで広範囲を暖めたい場合や、昼寝のときに体全体を包みたい場合には、大判サイズのひざ掛けを選びましょう。

ひざ掛けには規定サイズがなく、製品によって違います。購入の際はサイズをしっかり確認して、用途に応じたサイズ選びが重要です。
ひざ掛けにプラスされる機能として、通電式で暖かくなるタイプのひざ掛けがあります。即暖性があり、エアコンやストーブなどの暖房器具を使わなくてもピンポイントで暖められるので、経済的な面でも魅力です。アメリカの老舗ブランド「ラルフローレン」が展開しているリバーシブルタイプのひざ掛け。同ブランドの象徴ともいえるポニーマークが刺繍されています。赤を基調としたチェック柄が特徴で、おしゃれなひざ掛けを探している方におすすめです。

ひざ掛けとして使えるのはもちろん、首に巻いたり肩に掛けたりとさまざまな活用が可能。プレゼントにもおすすめのアイテムです。

クリッパンは、1879年創業のスウェーデンの老舗メーカー。ウール、コットン、リネンなど天然繊維だけを使った布製品の専門ブランドです。クオリティの高さとおしゃれな北欧デザインで知られ、大事に使えば一生もののブランケットとして使えます。

ミニブランケットは、椅子に座ったときにお腹からひざ下あたりまでを包み込む小ぶりなサイズです。床に触れない大きさなので、オフィスや車内でひざ掛けとして使用するのにぴったり。大柄で個性的な北欧デザインは、椅子の背にかけてもおしゃれに決まります。

ペンドルトンはアメリカで創業したウール製品の老舗ブランドです。ネイティブアメリカンの伝統的な柄が特徴で、バージンウールを使った柔らかさや温かさに定評があります。バージンウールとは、その羊から初めて刈り取った毛のことで、希少性が高い素材です。

ペンドルトンは、男性にも好まれるブランド。耐久性があるので、キャンプやスポーツ観戦、野外フェスなどによく出掛けるアウトドア派の方におすすめです。家庭で洗濯できるので、汚れを気にせず使うことができます。

チーフジョセフ柄は、男女関係なく支持されているのが特徴です。少々高価ですが、長年使ううちに生まれる独特の風合いも楽しめるのがポイント。一生ものとして大事に使いましょう。また、デザイン性に優れているため、ソファに置いているだけでもインテリアの一部として使用できます。デンマークのウールやアルパカ専門メーカーのシルケボー製のブランケットです。羊毛100%のDANAJAは人気シリーズのひとつ。希少なゴッドランドウールを使った優しい肌触りと保温性の高さが特徴のハイクオリティな製品です。

ストールとして使用すると、体を包み込んでくれる大判サイズで、マフラーのように巻きつけても首元を外気から守ってくれます。折りたためば、ひざ掛けとしても使用可能。高価ですが、大事な人へのプレゼントに最適なアイテムです。ツイードミルは、イギリス発祥の老舗ブランド。1年以内に刈られた新しい羊毛を使用しているので、しっかり厚みがあり暖かさも格別です。イギリス伝統のチェック柄は、上品で長年使っても飽きることがありません。

体をすっぽり覆うほどの大判サイズは、お昼寝毛布としても活躍。ストールのように羽織ったり、ピンで留めてポンチョ風にしたり、ボリューミーなマフラーにしたりとアレンジ法も豊富です。折りたたんでひざ掛けにするのはもちろん、ラグとしてインテリアにも使用できます。

上質な素材にも関わらずリーズナブルなので、母の日などのプレゼントにもおすすめです。

水分や水蒸気に反応して発熱するヒートウォームという素材をひざ掛けの裏面に、肌触りがよいマイクロファイバーを表面に使ったリバーシブルひざ掛けです。裏面は見た目にも暖かい羊のようなもこもこした風合いに仕上がっています。

ヒートウォームは、繊維自体が発熱するので暖かさも良好。マイクロファイバーとの2枚合わせ構造で空気の層を作り、暖かさを逃しません。また、静電気防止加工が施され、丸洗いも可能。機能性と保温性に優れたひざ掛けを探している方におすすめです。

セーターのようなケーブル編みが特徴のひざ掛けです。男性でも気兼ねなく使えそうなユニセックスデザイン。男性がデスクワークや車内で愛用しても可愛すぎずスマートです。

表面は綿素材で肌触りがよく、裏面はもこもこしたポリエステル素材でチクチク感がありません。比較的厚手なので、肩からストールのように羽織るとしっかり保温できます。

珍しいデザインなので、ほかの人と違うひざ掛けを探している方におすすめです。

ひざ掛けに使用しているサンゴマイヤーという素材は、ボアやフリースよりも柔らかく、うっとりするような手触りで毛玉ができにくいという優れものです。高密度で暖気を逃がさずボリューム感があるのに軽量なのも特徴のひとつ。

肩に掛けて2つのスナップボタンを留めると、ポンチョのように着ることができます。また、エプロンのように腰の位置でボタンを留めると、立ち仕事の際も下半身を寒さから守れる3way仕様です。

国産毛布の95%以上を生産する大阪泉州。そこで作られた職人技が光る国産ブランケットです。肌に優しい綿素材と、洗濯による縮みを抑えるポリエステル素材を組み合わせて作られています。国産品にこだわりたい方にはおすすめです。

肌に触れる部分は綿100%なので、デリケートな肌の赤ちゃんや敏感肌の方でも使うことができます。シャンシャン柄は90cmの正方形で上品な模様。赤ちゃんのおくるみや子どものお昼寝毛布にぴったりです。夏でもさらっと快適に使えます。

リッシュボーダー柄は、表と裏で肌触りが異なり、表面はなめらかで、裏面は毛足が長めの柔らかい素材でできているのが特徴です。ひざ掛けにしたときに滑りにくいのが魅力。季節によって、リバーシブルで使い分けが可能なアイテムです。

軽くて温かいフリース素材のブランケットです。ほどよい厚みは、夏の冷房対策にもぴったりなのでオールシーズン活躍します。くすんだ色合いのチェック柄にステッチの縁どりがおしゃれなデザインです。

コンパクトなSサイズと、ひざ掛けにしたときに足まですっぽり隠れるMサイズの2サイズ展開。Mサイズはストールのように羽織ることもでき、もたつくときは折りたたんで使っても薄いのでかさばりません。

リーズナブルな価格なので、Sサイズは車内用に、Mサイズは自宅でのリラックスタイムのお供にと何枚も揃えたくなる製品です。

チェック柄で見た目もおしゃれな電気ひざ掛け毛布です。電源があるところならどこでも使えるほか、コントローラーで温度を3段階に調節できます。ストールのように肩に掛けたり、ひざ掛けとして足元を暖めたりできるので、暖房費の節約も可能です。

就寝時に寒くて寝付けないことがある人にはおすすめ。毛布として足元をあたためる際に使えます。ダニ退治機能が付いているので衛生面も安心。本体は丸洗いできるので、いつでも清潔に保てます。

Tan Heuerタイガーは、新しいCarreraを発売

スイス先鋒制表ブランドのTGHeuerタイガーは、レースの分野で最も地位のある制表ブランドの一つとして、その定番のCarrera(Carrera)が長く続いている。ブランドとレースの分野の密接な関係だけではなく、このシリーズは、表の設計のルールを覆すことができる。今のタイガー豪雅はこの伝奇シリーズのために3つの新作を追加して、すべて希少な量の炭の繊維の材質を採用して、1金のダースの時計の金を含みます。
この45ミリドッダ腕時計は、タイガー豪雅の自家製CalbreHeuer 0 2 Tを搭載している。内部の機械部品の色が黒々としており、幻の名がある。CalbreHeuer 02 Tは、スイスの公式天文台(CO欠陥)認証を持っており、この腕時計は、この機構のテスト組織が、機械腕時計の精度と正確性に対する厳格な鑑定を受けていることを意味している。黒のメッキと黒のPVDメッキ部品が黒オパールの表盤と相まって、この腕時計の深い果敢な外観を与え、様々なファッションスタイルに適しています。チタン金属の表面には黒いPVDめっきがあり、固定表輪や表耳は炭素繊維によって作られます。透明ブルーの宝石の底蓋を通して、自作の機軸がさらに神秘的で、腕時計の全体的な「幻影」の効果を高める。タイガー豪雅カレラシリーズの炭素繊維ドッカの幻影腕時計は、カーボンゴムを使用したロブライト黒革の表帯を採用し、500枚限定で、各腕時計の表底に限定されている。忘れられない腕時計が、全世界指定店舗で発売される。

アルマーニの腕時計おすすめモデル12選。スタイリッシュなデザインが魅力

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

高級ブランドとして名高いアルマーニ。デザイン性と機能性を兼ね備えた腕時計が数多く揃っています。

腕時計では主にフォーマル向けの「エンポリオアルマーニ」とカジュアル向けの「アルマーニエクスチェンジ」が展開されており、今回ご紹介するのはその中から選りすぐったおすすめ人気モデル。腕時計を選ぶ上でのポイントも解説しているので、併せてチェックしてみてください。
アルマーニの腕時計のベルトにはレザーやステンレス、ラバーといった素材が用いられ、それぞれに特徴があります。オンオフを問わずにどのようなファッションにも馴染みやすいのはステンレスベルト。頑丈でさびにくい点も魅力です。

高級感のあるレザーベルトはフォーマルなコーディネートで活躍してくれます。ただし、汗じみで劣化が進むのでしっかりとしたお手入れが必要です。スポーツシーンでの着用を視野に入れている場合は、軽量で水にも強いラバーベルトを検討してみてください。

ストップウォッチをはじめとするさまざまな機能が付いており、実用性の高さが魅力のクロノグラフ。デザイン性にも優れており、メカニカルでスタイリッシュな雰囲気を演出してくれます。対して、クロノグラフを搭載していない腕時計はスッキリとした文字盤になるのがポイント。視認性を重視する方にピッタリです。

アルマーニの腕時計の文字盤は、シンプルな3針モデルから歯車の機械美を堪能できるスケルトンタイプ、便利なタッチスクリーンタイプまで多種多様。一見した際の好みで選ぶのはもちろん、普段のコーデとの相性も考慮して選んでみてください。

アルマーニの腕時計は1万円台から展開されており、比較的リーズナブルなモデルが多いため、コストパフォーマンスに優れた腕時計を探している方におすすめ。予算に余裕がある場合は、タッチスクリーンを搭載したスマートウォッチや自動巻きなどのモデルもおすすめです。

ケースとベルトをステンレスで統一しているスタイリッシュなクォーツ式腕時計。ブラックの文字盤に搭載されているクロノグラフが洗練した雰囲気を演出しています。

日付カレンダーが付いていたり、5気圧防水に対応していたりと機能面も充実。カジュアルからフォーマルまで幅広い場面で活躍するベーシックなアイテムです。

ステンレススチールをブラックのウレタンラバーで覆った特徴的なベルトのクォーツ式腕時計。ダークグレーの文字盤と相まってクールな印象を演出しています。

日付カレンダーと5気圧防水機能を備えているほか、クロノグラフを搭載しているため機能性抜群。手首にしっかりフィットするため、着用感がよい腕時計を探している方におすすめの1本です。

柔らかなグレーのカラーリングが特徴的なクォーツ式腕時計。3針タイプのシンプルな文字盤が採用されています。3時位置に配置された丸い窓のカレンダーがポイント。スーツスタイルをはじめ、フォーマルなコーディネートで活躍してくれる上品なアイテムです。

ホワイトの文字盤にピンクゴールドカラーの針・目盛りを組み合わせている華やかな印象の腕時計。スケルトンの自動巻きモデルなので、歯車が動く様子を見て楽しめます。ゴージャスなデザインでありながら、文字盤のレイアウトはシンプルで視認性も抜群。普段使いはもちろん、パーティーシーンでも重宝する1本です。

機能性とデザイン性に優れているエンポリオアルマーニのタッチスクリーンスマートウォッチ。ダイヤルのデザインを豊富なテンプレートの中から気分に合わせて選べます。

iOSやAndroidのスマートフォンに対応しているため、各種通知機能や世界時計、天気のチェック、そしてGoogleアシスタントなどの機能を使えて便利です。

ポリッシュ加工のコマとマット加工のコマを組み合わせたベルトが採用されており、落ち着きのある雰囲気と煌びやかな雰囲気を両立させているクォーツ式腕時計。カラーリングをオールブラックで統一し、引き締めた印象を与えられるのが特徴です。

直径47mmの大ぶりなケースで重厚感があるのがポイント。腕時計でコーデにアクセントを加えたいという方はぜひチェックしてみてください。

エンポリオアルマーニの人気定番モデル「ヴァレンテ」。端正な印象の3連ステンレススチールベルトが魅力です。シルバーを基調とした統一感のあるデザインの中で際立っているのは、クロノグラフを採用した文字盤の立体感。プライベートからビジネスまでさまざまなシーンで腕元を上品に彩ってくれる腕時計です。

ブラウンダイアルとゴールドケースの組み合わせが美しい腕時計。ステンレス素材とラバー素材を組み合わせたプッシュ式のベルトが採用されているので、フィット感がよく長時間でもラクに着用できます。

クロノグラフや日付表示に加え、日常生活防水機能を搭載しているのが魅力。落ち着きのある腕元を演出したい方におすすめです。

深みのあるブルーを基調にしたクォーツ式腕時計。目盛りと長針・短針にゴールド、秒針にレッドを採用している独特なカラーリングが特徴です。ケースやバンドには軽やかなシリコン素材を採用しており、快適に着用できます。カジュアルなコーデによく合うおすすめの1本です。

20気圧防水に対応しているアルマーニエクスチェンジのダイバーズウォッチ。分針に赤色を採用しており、視認性を高めているのが特徴です。

リューズカバーで覆われた大ぶりなケースは存在感があるので、シンプルなコーデに合わせればアクセントとなってくれます。水辺のアウトドアシーンなどで使える腕時計を探している方におすすめです。
「マドックス」は光の当たり方によって表情を変える偏光クリスタル風防が採用された腕時計。ケースとベルトにはブラックのステンレスが採用されており、モダンな雰囲気に仕上がっています。10気圧防水に対応しているのもポイント。個性的な腕時計でコーデを彩りたい方におすすめの1本です。
ダイヤルを横切るように配置されたアルマーニエクスチェンジのロゴプレートが印象的な腕時計。ブルーとシルバーを組み合わせたクールなカラーリングがポイントです。

文字盤のレイアウトはシンプルなので、プライベート・ビジネスを問わずに着用できる腕時計を探している方におすすめ。ベーシックなデザインでどんなコーデにもしっかり馴染んでくれます。
コストパフォーマンスに優れた魅力的な腕時計を取り揃えているアルマーニ。シンプルかつスタイリッシュなデザインのモデルが多いため、"クールな大人"を演出したい方におすすめです。着用するシチュエーションやコーデとの相性を考慮して最適な1本を選択してみてください。

「Metーズfirst」の腕時計

初期のロレックスの潜在力は人を異なる時代に持ち帰ることにあるが、その時このタイプの腕時計は特定の職業者に購入され、道具として使われている。たとえば世界を探索し、世界を一周したり、潜航者を身につけたりして、人類がこれまでになかったことのない場所に行った。私たちは今でもロレックスの腕時計、特に早期のモデルにこの魅力を感じています。最近、富芸斯がジュネーヴで撮ったロレックスの潜航者型「Metーズfirst」の腕時計です。

この時計は1枚の非常に早期のRF . 513腕時計で、その“探検家の表盤”が特に注目されています。超大きい時間は、より細長い棒状とアラビア数字(3、6、9時位置)に取って代えられ、このタイプの表盤を備えた潜航者型腕時計の生産量は極めて少ない。それは腕時計の独特な吸引力を与えて、同時に依然として鮮明な認識度を維持して、それを歴史的に最も標識性の潜水腕時計の1つになるようにします。

この時計の表盤には「感嘆号」、つまり数字の「6」の下の1つの円点があり、腕時計は蛍光物の材料を使っていることを示している。ラジウムの関連規定がさらに収まるにつれて、スイスの製表業はロレックスを含めて、そうしなければならない。

その腕時計は直径39ミリで、現在の基準によっても優れている。もちろん、その希少性を考慮して、日常的に着用することはありません。更に1本のリベット式の表鎖を加えて、1枚の最も持っている潜航者型腕時計を達成します。その優れた保養状況に鑑みて、この腕時計は常にオークション市場に現れません。富芸斯はこの腕時計のために12万から24万レディの値を計って、最終的な成約価格は高区の推定225万スイングに落ちた

レ職人は、ゲンタロトデイトナ時計

クロノグラフとして、ロレックスデイトナはほとんど等しいです。それは丈夫な904 LのOystersteel(超耐摩耗性で決してフェードでないcerachromベゼル)で非常に高い標準にされます、そして、もちろん、その中で非常に信頼できる口径4130の動き。しかし、あなたはそれで何が問題か知っています?それ自身の成功は、それがあまりにも身近になった。それはブティックで長い待機リストを持っている可能性がありますが、常に大きな都市と主要な空港でカップルを見つけることができます。どのように、1つはデイトナの彼の欲求を満たすことができますが、まだ特徴的な何かを持ちます?それはあなたの唯一のそのようなオプションではありません、しかし、私は新しいLES職人de Gen To - ve La Le Montoya Rolex Daytona(非常にカスタマイズされたロレックスDaytona)を見てみることを提案します。
F 1、NASCAR、INDYCARで成功を収めたモントーヤは、ロレックス・デイトナの大ファンです。あなたがレースを介してカップルに勝つために管理していた場合は、あまりにもだろう。モントーヤはロレックス24回優勝し、ロレックスDaytona才能を祝うために、彼の勝利を記念して毎回。合計では、モントーヤは彼がおよそ7または8ロレックスデイトナを持っていると言いました、しかし、彼が本当に欲しかったものは他のものと違っていたデイトナでした。これは、les職人ans gen gen ve veが来るところです。
レ職人は、Gen - Le - ve veロレックスDaytonasをカスタマイズすることに見知らぬ人です。ロレックスDaytona 6263とKravitzデザインKL 01への賛辞は、彼らがする種類の仕事のすばらしい例です、しかし、La Montoyaは多分最も極端です。ラモントーヤは、ボグ標準ステンレス鋼ロレックスDaytonaとして生命を始めます。40 mmのステンレス鋼ケースはほとんど触れられません、そして、La MontoyaはデイトナのChunkyネジダウンPushersとTriplock冠を保持します。レス職人はGen ' ve ve veがベース・ウォッチが古い1616520かより新しい116500かどうか明らかにしませんでした、しかし、タキメーターは偽造されたカーボン1で取り替えられました。
しかし、ダイヤルを見てください、そして、あなたはすべてが変わったと気がつきます。ラモントーヤは、大きくスケルトン化されたダイヤルと動きを特徴とします。カウンターはコロンビア-モントーヤの故郷の色をつけるものに取って代わられました。クロノグラフのカウンターハンドもカウンターに色合わせされた鉛筆状のものに交換されました。最後に、中央のクロノグラフ秒針の先端は、赤いサンドブラスト仕上げを与えられます。触れられていない唯一のものは、ホワイトゴールドの時間と分の手です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ